看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

夜勤専従として働く看護師

・看護師としての働き方には、色々なスタイルがあります。

その中のひとつが夜勤専従です。 夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事です。 現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事としています。 昼夜が逆転しますし、家族との生活リズムがずれてしまうからです。 なにより、体力面でかなりハードな業務であると思われます。 敬遠されがちな夜勤のみを行う夜勤専従が実は人気を集めています。 日勤・準夜勤・夜勤といった3交代制から転職をして夜勤専従の職に就く人も少なくありません。 夜勤専従への転職のメリットはどういったところにあるのでしょうか。

第一にあげられる点は、なんといっても報酬面のアップですね。 夜勤専従は非常勤やパート扱いで行うことが多いようです。 病院の規模や勤務する病棟の種類によって異なりますが、夜勤の1回あたりの報酬の相場は35,000円位とされています。 これは日勤で非常勤やパートとして働くよりもかなり高い報酬であると思われます。 最近では常勤看護師として夜勤専従のスタイルも選べるようになっています。 常勤看護師なら、各種手当や福利厚生の特典も受けることができますので、かなりメリットがありますね。

夜勤を行うと昼夜が逆転しますので、家族との生活リズムがずれます。

・夜勤専従で働くことができる日数は月に9回までと定められています。

よって、それ以外は休日となりますので、家族との時間は十分に確保できると思います。 夜勤専従として働き、育児や家事との両立を行う看護師は意外に多いようです。 心配される体力面ですが、日勤と夜勤をサイクルで繰り返すよりは夜勤のみならば、リズムが一定化されます。 よって、体への負担は経験されることでしょう。

夜勤専従は看護師としての経験や知識を十分に生かせる職場です。 夜間の患者の様子によって事態を冷静に判断し、医師への伝達を行う重要な役割を担います。 やりがいをもって働くことができますし、それに伴う報酬をしっかりと受け取ることができます。 ハードワークの割りに給与が少ないと愚痴をこぼす看護師は、夜勤専従のスタイルを検討してみると良いですね。
★次におすすめの記事はこちら     スキルアップする スキルアップを目指して!

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。