看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

透析看護師への転職

・透析看護師とは、人工透析を行う現場で働く看護師のことです。

一般的な看護師と透析看護師は従事する業務が違うとされています。 なぜなら、透析看護師には専門的な知識が求められるからです。 透析看護師は一般看護師よりもハードな仕事であると思われることが多いようですね。

しかし、透析看護師への転職を希望する人はたくさんいらっしゃいます。 その理由として、高給与があげられます。 透析看護師は一般看護師に比べて、給与面に待遇に恵まれています。 透析は日中に行われます。 よって、夜勤はありませんし、残業もほとんどありません。 それなのに給与が高いとなると、転職するメリットは大いにあると思われます。 大変なイメージをもたれることが多い透析看護師ですが、給与面の待遇の良さといったメリットを重視し、転職を希望する人が増えています。

メリットがあれば、デメリットもあります。

・透析看護師へのデメリットは

今までの看護経験を生かすことが難しい点です。 透析看護師の業務には専門知識が必要です。 透析に扱う器機類は、一般の看護では使用しないものですから、転職をしてきて初めて扱うといった人がほとんどです。 よって、透析看護師への転職は新しいスキルの取得が求められますので、その点を覚悟しなければなりませんね。 では、逆に透析看護師から他の職種へ転職するケースはどうでしょうか。 実のところ、透析のみを行ってきた看護師が一般的な看護師の仕事に就くことは困難であると思われています。 一般的な看護経験が無いに等しいですので、一からのスキル取得となります。

では、透析看護師に求められる資質について御紹介しましょう。 先ほども述べた通り、透析看護師には透析に関する専門知識が求められます。 特殊な器機を使いこなす必要がありますので、器機の扱い方をマスターしなければいけません。 患者に対しては、穿刺・抜針・血圧測定などを行います。 穿刺は特に重要な業務で、失敗は許されません。 看護師への不信感につながりますので、熟練した技術が求められます。 また、患者が透析に対して不安を抱かない為に、コミュニケーションを積極的に行うことも重要です。 その点は、看護師の経験が生かせるところですね。
★次におすすめの記事はこちら     認定看護師とは 認定看護師についてご紹介

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。