看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 治験コーディネーター

・看護師の資格を生かし、転職をする職種はたくさんあります。

看護師の知識と経験を生かすことができる職種に治験コーディネーターがあります。 治験コーディネーターへの転職を希望する人が多く、看護師の転職籍として非常に人気が高いですね。 では、治験コーディネーターの仕事内容について御紹介しましょう。 治験コーディネーターは、治験がスムーズにおこわれる為の管理業務を行います。 治験とは、承認前の薬を健康な人に投与することによって、その薬の有効性を調べる業務です。 新薬を開発する上で大変重要なプロセスであり、治験の結果が新薬開発を大きく左右します。

治験に関わる人は、医師・製薬会社・被験者(患者)です。 治験コーディネーターは、それら三者のパイプ役に徹し、治験がスムーズに行われることに努めます。 特に被験者に対してのケアは大変重要な業務です。 治験を行う為に、被験者やその家族に対して治験に必要性・重要性やスケジュールなどを分かりやすく説明することが必要です。 不安を抱える被験者に対しては、その不安を払しょくすることが求められます。 そうした精神的なケアが行うことができる看護師こそが治験コーディネーターに求められる人材です。

看護師の転職先として

治験コーディネーターが人気である理由のひとつに

看護師のキャリアを存分に生かすことができる点があげられます。 臨床経験があり、医師の立場が理解できると共に、被験者である患者とのコミュニケーションも難なくこなすことが必要です。 また、看護師として働くよりも、患者に対して密に接することができます。 よって、時間に追われて働く病棟勤務よりも患者と向き合うことが可能となります。 治験コーディネーターは、民間企業の一員です。 よって、勤務条件などの待遇は雇用される企業に準じます。 休日は土日、残業なし、夜勤なしといった待遇は、病院勤務に比べると働きやすい職場であると思われます。 ハードワークに心身ともに疲れた人にとって、治験コーディネーターとしての勤務はかなりメリットがありますね。
★次におすすめの記事はこちら     精神科へ転職 入院病棟がないクリニックなら楽?

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。