看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

転職先を選ぶ注意点~託児所の有無~

・転職をする時に確認すべきこと。

そのひとつが託児所の有無です。 育児をしながら働く看護師にとって、託児所は大変ありがたい存在です。 子供を預ける場所がなければ、仕事をすることができません。 よって、転職先を選ぶ際には病院内に託児所が完備されているか否かの確認は必須項目です。

では、院内託児所のメリットについて御紹介しましょう。 病院内に託児所があることで、子供が近くにいるといった安心感をもつことができます。 勤務終了後、速やかに迎えに行くことができますし、休憩時間に子供の顔を見に行くことも可能です。 院内託児所は、看護師の勤務スタイルにも対応しています。 看護師には夜勤がありますので、託児所は24時間対応をしているところがほとんどです。 病院の外の保育園では、そうはいきませんので院内託児所は大変助かります。

託児所にかかる費用もかなり格安な料金です。 それは病院側が費用を負担してくれることが多いからです。 託児所にかかる日長は1ヶ月2~4万円が相場です。 一般の保育園に預けるより、かなり低いお値段ですね。

大変メリットがあると思われる院内託児所ですが

・子供を預けるにあたり不安に思われる点もあります。

子供の面倒をしっかりとしてもらえるのかといった点です。 院内託児所では、子供の世話を誰が行うのでしょうか? 最近では、院内託児所の運営を民間の会社に契約するケースが増えています。 民間の会社から派遣された保育士が院内に勤務をし、子供たちを預かります。 院内託児所に預けられる子供の数は、一般の保育園に比べると少数であると思われます。 よって、保育士の目が行き届きやすいですね。 看護師はハードワークです。 より働きやすい環境を求めて転職を希望する看護師が増えています。 子育てをしながら働く看護師にとって、院内託児所の有無は大変重要ですので、転職先を見定める際には、院内託児所についてしっかりと確認をしておく必要があります。
★次におすすめの記事はこちら     福利厚生の充実差を見る お給料とは別に大事なこと

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。