看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の大変さについて

・看護師は大きなやりがいをもって働くことができる魅力的な職業です。

昔から「白衣の天使」と称され、多くの女性の憧れの職業でした。 しかし、看護師は決してきらびやかな職業ではありません。 いつの頃からか看護師の仕事は3Kと呼ばれるようになり、「きつい」「きたない」「きけん」を伴う大変なイメージが定着しています。 看護師の仕事は確かにハードワークです。 入院施設がある病院では、夜勤を余儀なくされ、2交代制や3交代制の勤務となります。 家族との生活リズムが異なりますので、働きにくさを感じる人も少なくありません。 また一般企業の様に土日が休日ではなく不規則ですし、職場によっては自宅待機のシステムを要するところもあり、思うように休日を取ることができません。

看護師の仕事は患者の様々なケアを行うことにより、肉体労働です。 肉体的負担としては、常に立ち仕事であることがあげられます。 病院内を所せましと動き回る看護師の姿をよく目にしますよね。 また、思うように体を動かせない患者に対しては体を移動させる為に看護師の手助けが必要です。 治療を嫌がり暴れる患者を抑えつけることもしなければなりません。

肉体的な負担だけではありません。

・看護師は精神的にも負担が大きい職業でもあります。

人の命に携わる仕事ですから、ひとつ間違えると大きな問題へとつながり、取り返しのつかないケースに至ります。 よって、看護師の仕事は常に神経を使い、ひとつひとつの仕事をこなさなければなりません。 そうした緊張状態が続くことが大きなストレスを生み、看護師を苦しめます。

こうしてみると看護師がいかに大変な仕事であるかが分かります。 しかし、諦めていてはいけません。 今抱えている悩みを解決することができる職場がきっとあるはずです。 夜勤が辛い人は日勤のみの職場、肉体的負担に苦しむ人は単発の仕事などへ体への負担が少ない仕事があります。 一般企業へ保育園など病院以外への転職では休日は土日であったりと、病院勤務より肉体的にも精神的に楽な仕事内容と思われます。 働きやすさを求めて転職をすることで、看護師本来のやりがいを取り戻すことができるのではないでしょうか。
★次におすすめの記事はこちら     ICUへ転職する ICUは嫌だという看護師も多いですが…

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。