看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

保健師の仕事や種類について

・看護師の転職先のひとつに保健師があります。

保健師はどのような仕事を行うのでしょうか。 まずは保健師の仕事や種類について御紹介しましょう。 保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行うことを仕事とします。 自分の健康に不安を抱いている人に対して、その悩みが少しでも軽減できるようアドバイスを送ります。 看護師が治療のサポートをするに対して、保健師は治療が必要とならない様、予防を手助けします。

保健師には大きく分けて3つの種類があります。 地域の保健師・学校保健師・産業保健師です。 地域の保健師は各市町村の公務員待遇となります。 保健センターにおいて、その地域で暮らす人々の病気予防の活動やより健康に暮らす為のアドバイスを送ります。 自宅訪問などを通して、1人で健康不安を抱えている人の手助けを行うことも地域の保健師の大切な仕事のひとつです。 地域の保健師は、小さいお子さんから高齢者まで幅広い年齢層の人と接する仕事です。 看護師の仕事に共通する部分がありますね。

学校保健師は、学校に在籍し、健康管理にまつわる仕事を行います。

生徒はもちろんのこと、先生方の健康管理へのアドバイスも行い

学校内に保健師がいることで大きな安心感を与えることができます。 産業保健師は、企業に勤務する社員の健康管理が主な仕事です。 メタボ対策など、健康志向を高めることも重要な業務のひとつです。 地域の保健師、学校保健師、産業保健師のどれをとっても、日勤のみの仕事です。 看護師のように夜勤がなく残業が少ないところが嬉しいですね。

給与の面でも保健師はかなり優遇されます。 保健師の多くは公務員として働きますので、給与は公務員に準じ、それに加え保健師としての手当てが支給されることとなります。 大手企業に務める産業保健師の場合でも、福利厚生などが充実しています点が嬉しいですね。 看護師の資格を活かせること、それに加えて高待遇を受けることができる保健師は、看護師の転職先としてかなり人気があります。
★次におすすめの記事はこちら     夜勤専従として働く看護師 夜勤が一番稼げる?

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。