看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 救命救急センター

・看護師の経験を生かした転職先には様々なところがあります。

救命救急センターもそのひとつです。 最近では、救命救急センターを舞台にしたドラマが放送されるなどして、注目の職業となっています。 看護業界においては救命救急センターで働くことを花形とする人が多く、憧れの職場のようですね。 しかし、救命救急センターは憧れだけで務まる職場では決してありません。 生命の危機にかかわる重篤な患者が運び込まれることが多いので、一刻を争う迅速な看護が求められます。

では、大変な職場のイメージが強い救命救急センターの仕事内容について御紹介しましょう。 救命救急センターへ運び込まれる患者は、様々な症状を伴います。 急性心筋梗塞や脳卒中、交通事故による全身外傷など、そして心肺停止状態に陥った状態で運び込まれる人もいます。 そうした患者に対し、担当医師は早急な処置な施し、看護師は医師による治療の補佐的な役割を担います。 日常的な仕事としては、入院患者の全身管理を行います。 病状や症状のに異常が発見されると、すぐに医師へ報告し、適切な指示を仰ぎます。

救命救急センターでは

・循環器内科や脳外科、心臓外科といった取り扱う診療は多岐にわたります。

よって、看護師には広い範囲の知識や技術が必要となります。 救急の現場では人工心肺装置や人工呼吸といった専門的な医療機器を取り扱わなければなりません。 また、救命救急センターでは搬送されてきた患者の家族へのケアも大切な仕事です。 突然の病気やケガに患者の御家族はショックを受け、混乱状態の人も少なくありません。 看護師は御家族への精神的なケアを行う必要があります。

救命救急センターは生死にかかわる職場です。 治療の甲斐なく、命を落とす患者もいらっしゃいます。 しかし、一命を取りとめることができた場合は、大きなやりがいと達成感が得られます。 大変なイメージが強い救命救急センターは、看護師としての向上心、そしてやりがいを感じる職場を探している人には、適した転職先であると思われます。
★次におすすめの記事はこちら     治験コーディネイターへ 一体どんな仕事内容なのか?

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。