看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 精神科

・看護師の経験を生かした転職先には様々なところがあります。

そのひとつが精神科です。 精神科といっても、大学病院や総合病院の精神科であったり、医院やクリニックの神経科もあります。 最近ではメンタルヘルス科といった名称が用いられることもありますね。 そうした施設では、精神に病を患った人が訪れ、医師や看護によるケアが行われます。 しかし、施設の規模や形態によって、業務内容は異なるようです。

大学病院や総合病院の精神科では、入院病棟が設けられています。 よって、看護師には夜勤が求められ、交代制の労働を余儀なくされます。 主な仕事内容は投薬や注射ですが、それ以外に食事や排せつなど生活介助にまつわる仕事が多いことが特徴です。 看護の分野と介護の分野が合わさった職場であると考えるとイメージしやすいですね。 精神科病棟は長期療養が必要な患者が多い点が特徴です。 看護師と患者の付き合いも長期にわたりますので、良好な関係を築くことも重要な仕事のひとつです。 また、精神的な不安定さを抱える患者と接すると、患者が興奮状態に陥る状況もあるでしょう。 その様な際には、暴力を振るわれることもあり、看護師には肉体的なタフさが求められます。

医院やクリニックで行われているメンタルケアでは、夜勤はありません。

日勤のみの仕事になります。

医院やクリニックを訪れる患者は、症状が比較的軽い人が多いとされています。 よって、精神科の入院病棟で働くよりは負担は少ないと思われます。 現代社会はストレス社会といわれ、精神的な病を抱える人が増えています。 うつ病もそのひとつです。 企業や学校でも看護師を配置し、社員や生徒のメンタルケアを行う傾向が高まっています。

また、高齢化に伴い認知症を患う高齢者も増加しています。 今後は精神的な治療を行う機関や、入所施設における看護師の需要が求められると思います。 大変な職場ではありますが、患者と向き合った看護を徹底することができます。 患者ひとりひとりと親身な看護を行いたい人には、精神科への転職が向いているでしょう。
★次におすすめの記事はこちら     大学病院へ転職 大きな病院はお給料や福利厚生が良い!

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。