看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

認定看護師とは?

・看護師として働く人の多くには

もっとスキルアップをしたいと考える人がたくさんいらっしゃいます。 スキルアップのひとつに認定看護師があります。 認定看護師とは、ある特定の看護分野において、熟練の看護技術と知識を用いている看護師を示します。 それと同時に水準が高い看護を実践できる看護師です。 患者に対して質が高い看護を行うと共に、看護をする者への指導も認定看護師の重要な任務のひとつです。 特定の分野における看護実践を通し、看護師への指導を行います。 もちろん特定分野で働く看護師からの相談にものり、臨床現場全体のレベルアップへとつなげます。

では、認定看護師を目指す為にはどのような条件が必要となるのでしょうか。 まずは看護師の資格はもちろんですが、保健師や助産師の資格をもっていることが必要です。 それならば、学校を卒業したばかりの看護師も認定看護師になることが可能なのでしょうか? その答えはNOです。 認定看護師になる為には、看護師資格に加え、看護師としての実務経験が5年以上必要となります。

認定看護師には21の分野があります。

認定看護師には

それぞれの認定看護分野における3年以上の経験が求められます。 例えば、救急看護の分野での認定看護師を目指す場合、救急看護を行う部署にて3年以上勤務しなければならないことになります。 目標とする認定看護分野をもつ人は、その分野で働く為に転職をするケースが多くあります。

認定看護師になるためには、さらに認定看護師教育過程を受講しなければなりません。 教育課程は6ヶ月以上と決められています。 働きながら認定看護師教育課程を受講することは難しいとされる為、仕事を休職しなければなりません。 病院によっては認定看護師の資格取得をバックアップしてもらえるところもあります。 資格取得の為の費用を出してもらえたり、休職中でも給与が支払われるケースもあり、看護師の経済的な負担が軽減されます。 病院によってバックアップの体制が異なりますので、認定看護師を目指す人はその様に教育体制が整っている病院を選ぶと良いですね。
★次におすすめの記事はこちら     認定看護師になるメリット 認定看護師のメリットについて

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。