看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師から看護教員への転職

・看護師の転職先として看護教員を検討する人がいらっしゃいます。

看護教員とは、看護学生の教育や指導を行う人です。 看護教員の勤務先は、看護学校や看護コースを設けている学校です。 では、看護教員になるためにはどうすれば良いのでしょうか。 看護教員は看護学生を指導する立場にあります。 よって、もちろん看護師資格は必要ですがそれだけで看護教員になる条件が満たされる訳ではありません。 看護教員になる為には実は、看護師としての臨床経験が5年以上必要とされています。 看護資格をもつだけでなく、実際に看護師として働いた経験が無ければ看護教員になることはできないのです。 看護教員に看護師からの転職者が多い理由が理解できますね。

看護教員になる為には、看護教員養成研修の受講が必要です。 看護教員養成研修は2つのコースがあります。 1年間コースと6ヶ月コースの2通りがあり、それぞれ厚生労働省認定・文部科学省・日本看護協会と主催者が異なります。 そして、コース終了後、看護教員として働くことが可能となります。

看護師から看護教員へ転職するメリットのひとつは

・看護師としての仕事を十分に活かすことができる点です。

臨床の現場で学んだ様々な事例を学生達に伝えることができます。 学生達は看護師の生の声を聞くことができるので、非常にリアリティーがあり、看護師への希望を高めることにつながります。 ハードワークとされる看護師の仕事ですが、やりがいを感じ、責任感を持つ仕事です。 看護師として働いきてきた人だからこそ感じる喜びを学生に伝えることができますね。 そして、看護師の実態を伝えることも重要な仕事であり、看護師を目指す看護学生の将来を担うといっても過言ではありません。

看護教員として働くメリットは、その勤務条件にもあります。 看護教員は学校に勤務するので、当然のことながら夜勤や交代制の仕事ではありません。 よって、家族と生活リズムに違いが生じることもなく、家事や育児との両立も可能です。 正社員、パートなど勤務形態も学校によって異なりますので、自分に合うスタイルを選べますね。
★次におすすめの記事はこちら     看護師から保健士へ転職 保健士も憧れの仕事!

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。