看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

転職先を選ぶ注意点~教育制度の有無~

・看護師の転職先を選ぶ際、注意をすべきポイントがあります。

そのひとつが教育制度の有無です。 キャリアがある看護師でも、転職先では新しい技術が求められます。 または認定看護師など専門分野のキャリアアップを図る為に新たな教育を受ける必要がある人もいます。 そうした人の為に、教育制度が整っている職場は転職先としてかなりメリットがあると思われます。 教育制度には資格取得を目指すものがあります。 准看護士から正看護師を目指す人は、働きながら資格を取得しようと考える人が多いようです。 よって、病院では夜勤の回数を減らすなど、シフトの体制を考慮してもらえます。 受験勉強の為の時間の確保に協力的ですね。

認定看護師など高い専門性が問われる資格では、カリキュラムをこなす為に休職をしなければなりません。 その間の給与が支払われないとなると、生活に支障が及びます。 よって、病院によっては休職をしていても報酬が支払われるケースを取るところが多いですね。 カリキュラム受講をするに必要な入学金や授業料を病院が負担してくれるところもあります。

教育制度は院外で行われるものばかりではありません。

・院内で積極的に研修会を開催するなど

看護師のスキルアップを図る病院もあります。 研修に参加する為に、シフトに融通を効かすなど、看護師の希望にそった対応が行われます。 教育制度が整っている病院などの医療施設は、そこで働く看護師への大きな期待を抱いていることが判りますね。 看護師教育に力を注ぐことは、病院側にとっても大きなメリットとなります。 よって、多くの医療機関では看護師の教育制度を充実させる傾向にあります。

キャリアアップの為に、転職を決断する看護師は転職先にどの様な教育制度があるかを入念に確認しなければなりませんね。 自分が求める教育制度や研修制度が整っている職場を探す必要があるからです。 教育制度について個人でリサーチを行うより、看護師求人サービスを利用することがオススメです。 数々の転職をサポートしてきた経験により、教育制度についても熟知されていることでしょう。 転職によってキャリアアップを目指す人の強い味方になること間違いありません。
★次におすすめの記事はこちら     職場の雰囲気を確かめる 一番大事かもしれないこと!

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。