看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 企業

・看護師の資格を生かし、転職をする職場はたくさんあります。

そのひとつが企業で働く、いわゆる企業看護師です。 企業看護師とは、企業内に設置された医務室に勤務します。 看護師の転職先の中でも非常に人気が高い職種であります。 では、企業看護師の仕事内容について御紹介しましょう。 企業看護師は企業に務める社員の健康管理が主な仕事です。 勤務中に体調不良を訴える人への処置を行い、受診が必要であるといった判断も行います。 また、日頃からの健康指導も重要な仕事です。 メタボ予防の対策などを社員に勧め、病気予防に努めます。 最近では精神的な病を患う社員も増えていますので、企業看護師は社員の様子にも気を配り、気軽に声を掛けたりといったケアを行います。 社員への親身な目配りによって、心身における病気を未然に防ぐことが重要な仕事です。

企業への転職はかなりメリットがあると思われます。 そのひとつが待遇面です。 企業の医務室勤務は、企業の社員としての雇用となります。 よって、企業の就業規則に準じた労働となります。 土日が休日といったところも多く、病院とは違い、有給休暇も取りやすいですね。 また、企業の医務室勤務はほとんど残業がありません。 なかなか帰宅ができない病棟勤務とは異なり、プライベートの時間を確保することにもつながります。

そこで、気になる給与面についても御紹介しましょう。

・実は企業看護師は

病院など医療機関よりも高い給与のところが多いようです。 昇給が毎年行われることも多く、福利厚生が充実している企業もあります。 ハードワークにもかかわらず、待遇の悪さを理由に転職を決断した看護師にとっては、企業看護師として働くことは非常にメリットがありますね。 企業への看護師の転職は、求人情報が非公開にされることが多いです。 かなり人気が高い求人案件となるので、企業側は混乱を避ける為に、看護師求人サービスなど専門の機関へ人材探しを依頼します。 よって、個人では求人情報を得ることは難しいので、企業看護師への転職を目指す人は転職サービスを利用することが転職実現への近道と思われます。
★次におすすめの記事はこちら     救命救急センターへ転職 忙しくて辛いけれど…

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。