看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 介護施設

・看護師の資格を生かし、転職をする職場はたくさんあります。

その中でも最近注目を集めているのが介護施設への転職です。 高齢化社会を迎える日本において、介護は非常に切実な問題となっています。 それに伴い、あちらこちらで高齢者向けの施設が建設されていますね。 介護施設が増えてくると必然的にそこで働く看護師への需要も高くなりますので、介護業界への転職者は増加することと思われます。

介護施設における看護師の仕事内容について御紹介しましょう。 介護施設では利用者に対しての健康管理が主な仕事です。 定期的なバイタルチェックや投薬などを行います。 利用者の体調が急変する可能性も低くありません。 その様な際には看護師としての知識や経験を生かし、迅速なケアが求められます。 介護施設には医師が常駐しないことが多いので、患者の状態を適確に医師へ伝達することも重要な仕事です。 介護施設では病院などの医療機関と異なり、高齢者の生活の場でもあります。 よって、食事や入浴といった生活まわりのサポートをすることも看護師の仕事です。 看護に加えて、介護の仕事が追加されることが介護施設での特徴です。

では、介護施設へ転職をするメリットにはどういったものがあるでしょうか。

・まず第一にゆとりをもって働くことがあげられます。

病院勤務では時間に追われる労働を強いられます。 患者ひとりひとりと向き合った看護をしたくても、不可能なことが多いですね。 その点、介護施設ではゆとりをもって働くことができます。 高齢者とじっくりと関わることができ、コミュニケーションを十分にとることが可能となります。 病院勤務では出来なかった親身な看護が出来る点が嬉しいですね。

介護施設では夜勤が無い点も転職のメリットとされています。 施設によっては夜勤を行い、24時間体制で介護にあたる施設もありますが、それは介護職員の仕事とされることが多いですね。 よって、看護師は定時になると帰宅でき、プライベートの時間を充実させることができます。 パートやアルバイトといったスタイルでの雇用も多いので、家事や育児との両立も可能です。
★次におすすめの記事はこちら     企業へ転職する 普通のOLではなく企業看護師

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。