看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

転職を希望する准看護士の方へ

・看護師資格に正看護師と准看護士があります。

正看護師は国家資格に対して、准看護士は都道府県知事が発行をする免許となります。 正看護師と准看護士では、待遇面で違い生じてきます。 職場での身分にも違いがあり、昇格に影響を与えることもあります。 よって、准看護士の資格を持っている人は、さらに正看護師の資格取得を目指しています。

では、実際の職場では正看護師と准看護士にどのような違いがあるのでしょうか。 仕事内容に関してはどちらも大きな違いはありません。 担当医師が行う診察の補佐業務を行います。 准看護士より正看護師の方が立場は上とされることが多いので、准看護士は正看護師の補佐役も兼ねることになります。

給与に関しても正看護師の方が待遇が良いとされています。 仕事の内容に大きな違いがある訳でもないのに、給与の差は准看護士にとっては不服と感じる人も少なくありません。 そこで、正看護師を目指し、転職を希望する人がいらっしゃいます。 転職先として適している病院は、看護師のスキルアップを支援する制度が整っているところです。 准看護士として働きながら正看護師の資格取得を目指しますので、シフトの調整や有休がとりやすい職場は嬉しいですね。

国家資格は取得をしたいけれど

・とりあえずは准看護士としての仕事に就きたいといった人もいます。

その様な人の職場探しは、入念に行わなければなりません。 正看護師の国家試験の難易度はかなり高いとされています。 仕事をしながらの受験勉強はとても大変ですので、常勤として働くのではなく、非常勤や単発で働くスタイルが適していると思われます。 夜勤を行わない日勤のみの仕事も人気があります。 こうした条件にマッチした転職先を探すには、看護師求人サービスの利用がオススメです。 豊富な求人情報を扱っている求人サービスなら、きっと条件にあてはまる職場が見つかることでしょう。 正看護師の資格取得の為、仕事と勉強の両立をサポートします。
★次におすすめの記事はこちら     透析看護師への転職 透析センターなどで働くこと

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。