看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

常勤看護師への転職

・看護師の雇用形態にはいくつかの種類があります。

常勤・非常勤・パートやアルバイトといった種類です。 自分が働きやすいスタイルへの転身を理由に、転職を検討する人が多いようですね。 では、常勤看護師の特徴について御紹介しましょう。 常勤看護師とは一般企業でいうところの正社員です。 就業時間内をフルタイムで働きます。 夜勤や準夜勤を含む2交代制、または3交代制のシフトを元にした労働を行います。 任せられる仕事も多いので、就業時間内に仕事を終えることができずに残業といったケースもよくあります。

常勤看護師は身分が保障されるところも特徴のひとつです。 正当な理由が無いケースでは退職させられることはありません。 看護師側からの要請がなければ、いつまでも働くことができます。 看護師としてのキャリアやスキルをアップさせ、看護婦長などへの昇進も常勤看護師だから可能となります。 常勤看護師のメリットは、賞与や退職金の支給があります。 病院によっては非常勤やパート・アルバイトにも賞与などが支給されるところもありますが、その様な待遇を受けるのはほとんどが常勤看護師です。 よって、労働に応じた報酬を受け取る為に常勤での看護師へ転職を希望する人も少なくありません。

常勤看護師への転職を考える際には

そのデメリットも認識しておかなければなりません。

常勤看護師はフルタイムで働くことが決められています。 よって、病院内での拘束時間が長く、疲労度はハンパではありません。 疲れているにもかかわらず、また次の勤務に入らなければならないといった状況もあることでしょう。 常勤看護師はその様なハードな勤務体制で働くことが求められます。

また、常勤看護師には夜勤があることが多いので、家族との生活リズムのずれが生じます。 常勤として働きたいけれど、やむを得ず非常勤やパート・アルバイトを選ばれる人も少なくありません。 その様な人は、日勤のみの常勤勤務への転職を探すと良いですね。 産業看護師や学校や保育園の勤務であれば、夜勤はありませんので、プライベートな時間のリズムが崩れることがありません。
★次におすすめの記事はこちら     准看護師の転職について 准看護師として働いている方へ

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。