看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 訪問看護

・看護師の資格を生かし、転職をする職場はたくさんあります。

多くの看護師が自分の希望に応じた職場への転職を検討しています。 その中でも人気が高い職種のひとつに訪問看護があります。 訪問看護の仕事は、自宅で療用をする患者宅を訪れ、患者の健康管理などを行います。 高齢化社会を迎える現代社会では、要介護者の数は年々増加の傾向にあります。 よって、訪問看護への需要は高まり、求人数も多数発生するので、転職先としては好都合であると思われます。

訪問看護における看護師の仕事は、患者の血圧測定などの健康状態のチェックや、食事や入浴などのサポートです。 訪問看護には医師が同行しますので、医師による診察の補佐的な役割を担います。 介護を要する患者へのケアだけでなく、介護をする家族のサポートも訪問介護の看護師が行う重要な仕事です。 負担が大きい自宅介護には精神的な負担がかかると思われます。 よく取り上げられている「老老介護」の現状は大変気になるところです。

そこで、訪問看護で自宅を訪れる看護師は

介護者である家族に対してメンタル面のサポートを行います。

悩みを聞き、コミュニケーションをとるだけでも介護者にとっては心が救われる想いでしょう。 こうしてみると、訪問看護の仕事は患者やその家族と濃厚な関係を築くことができ、大きなやりがいをもって行うことができる仕事であると思われます。 訪問看護へと転職をするメリットとしては、高待遇な給与面があげられます。 病棟勤務の様な夜勤はありませんので、もちろん夜勤手当はありませんがその代わり他の手当てを受けることができます。

訪問看護を行う訪問看護ステーションでは、24時間体制をとっているところがあります。 オンコールや突然の出勤に備える「待機手当」と呼ばれる手当が加算されることになり、待遇面では恵まれていると思われます。 また、訪問看護は非常勤やパートとして働く看護師が多い点も特徴のひとつです。 フルタイムで働くのではなく、都合がよい時だけ働くといったスタイルが人気の理由です。
★次におすすめの記事はこちら     療養病院へ転職 療養病院でのお仕事内容について

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。