看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師から保健士へ転職をするメリット

・看護師から転職をして保健士を目指す人は少なくありません。

どちらも医療に携わる仕事であることは分かりますが、看護師と保健士にはどのような違いがあるのでしょうか。 看護師や保健士になるためには、どちらも国家資格が必要です。 看護師には看護師国家資格が必要となり、保健士にはさらに保健士国家資格を取得しなければなりません。 要するに、看護師になった上に、さらなるスキルアップとして保健士が存在するのですね。

では、看護師と保健士の仕事内容について御紹介しましょう。 仕事内容における大きな違いがあります。 看護師は病気やケガをした人の治療の補佐的な役割を担います、。 それに対して保健士は、病気やケガをしない為の予防に携わります。 つまり、病気やケガをしてしまったら看護師、そうならない為の予防を保健士が行うのですね。

看護師から保健士へ転職するメリットがあります。

・それは、保健士の仕事には看護師としての経験が十分に生かされるからです。

看護師経験がある人は、看護知識が備わっていますから、健康に関する幅広いことに対応することができます。 健康相談を受けにきた人が急に体調を崩したりといったケースでも、適確な処置を施すことができるでしょう。 病気に関する心配を抱える人に対しては、今までに経験してきた症例を紹介することができますね。 看護師としての経験や知識が、多くの人の健康サポートに役立ちます。

保健士は多くの人と接する仕事ですので、高いコミュニケーション能力も求められます。 看護師は外来患者や入院患者と接し、患者と良好なコミュニケーションをとることも重要な仕事のひとつです。 看護師を経験してきた人に人と接するのは苦手といった人はいらっしゃらないでしょう。 地域の人や企業に務める社員と日々接する保健士は、多くの人と良好なコミュニケーションをとらなければなりません。 ここでもまた、看護師として多くの患者と関わってきた経験が保健士としての仕事に役立ちます。 こうしてみると保健士の仕事は看護師からの転職先の職業と考えるにはかなりメリットがあると思われます。 看護師の資格を活かし、自身のキャリアアップを図りたい人は保健士への転職を検討されると良いですね。
★次におすすめの記事はこちら     転職のメリット 看護師が転職する利点とは?

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。