看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 保育園

・看護師の資格を生かし、転職をする職場はたくさんあります。

そのひとつが保育園です。 「保育園に看護師って存在する?」と思われる人もいらっしゃるでしょう。 実は、2007年に厚生労働省によって保育園における看護師の配置が制定されているのです。 よって、今後は保育園における看護師の需要が高まると思われます。 保育園で働く看護師の仕事内容について御紹介しましょう。 主な仕事は、園児と職員のケガや病気の対応、健康管理を行います。 子供にケガはつきものですし、ちょっとした気候の変化によっても体調を崩したりします。 その様な際に、速やかなケアが必要であり、大事に至らない処置が求められます。

また、インフルエンザなど感染症予防に日頃から取り組むことも看護師の仕事です。 手洗い・うがいの徹底、大切さを日常の保育活動の中で話していきます。 日々の習慣が感染病の予防につながりますので、集団感染を防ぐ重要な仕事ですね。

保育園を転職先と考える場合に求められるスキルは、小児看護に関しての知識や経験です。 少なくとも3年以上の臨床経験が求められることが多いようです。 しかし、看護師としてのキャリアがあれば保育園での勤務が務まる訳ではありません。 重要な資質のひとつに、「子供好き」があげられます。 毎日顔を合わす子供達とは円満がコミュニケーションが大切です。 子供たちにとって親しみやすい存在でいる事も大切な業務のひとつです。

子供たちだけではありません。

保護者にとっても

看護師が保育園に常駐すると安心して子供を通園させることができます。 子供の健康相談に応じ、家庭での健康管理などについても気軽に話せる存在でいたいですね。 保育園における勤務は定時が決まっていますし、土日が休日の園も多いようです。 もちろん夜勤などありません。 よって、家族と生活リズムが異なることなく、プライベートの時間を充実させることもできます。

こうしてみると保育園への転職はやりがいをもって働くことができる職場であると共に、働きやすさも伴うことが判ります。 よって、人気の求人先となることは必須ですので、いち早く求人情報を入手する必要があります。
★次におすすめの記事はこちら     訪問看護へ転職 訪問看護のお仕事内容について

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。