看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

非常勤看護師への転職

・看護師は大きく分けて常勤看護師と非常勤看護師に分けることができます。

常勤看護師はフルタイムであるのに対して、非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。 パートやアルバイトは非常勤看護師に属します。 常勤で働く看護師の転職では、「次は非常勤として働きたい」と希望する人が多いようです。 非常勤で働くメリットは、自分の時間を確保できる点です。 フルタイムで働く常勤看護師は、病院での拘束時間がかなり長いですね。 2交代制や3交代制になると、生活リズムを整えることが大変です。

その点、非常勤になると決められた時間のみの労働になりますので、自分の都合に合わせた勤務時間を選ぶことができます。 もちろん夜勤はありません。 しかも、非常勤は残業が少ない点も特徴のひとつです。 常勤看護師となると、定時で帰れることはほぼありません。 しかし、非常勤ではほとんど残業がありませんので、プライベートの時間を確保することができますね。

非常勤の働き方は

・看護師としてブランクがある人にも適していると思われます。

結婚や出産を機に看護師を退職した人が復職をする場合、いきなりフルタイムで働くのは大変です。 よって、ブランクありの人はまずは非常勤で働くことを選択されています。 復職支援として、まずは非常勤で働き、後に常勤へチェンジするといったシステムもあります。 いずれは常勤看護師として働きたいとお考えの人は、その様な復職支援を行う施設を探すと良いですね。

非常勤看護師は、希望の時間帯のみの勤務を行うとして人気があるスタイルです。 しかし、デメリットをあげるとすると、非常勤では福利厚生を受けることができません。 非常勤にはボーナスや退職金の支給もないところがほとんどです。 よって、がっつりと稼ぎたいとお考えの人な、常勤のスタイルを選ぶべきであると思われます。 中には非常勤でも福利厚生を受けることができたり、賞与の支給があるところもあります。 そうした条件は転職前にしっかりと確認をしておくことが大切です。
★次におすすめの記事はこちら     保健士の仕事や種類について 憧れの保健士さんになる?

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。