看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

転職先を選ぶ注意点~福利厚生の充実~

・お給料が良いだけでなく、きちんと内容をかくにんしていますか?

福利厚生の充実度はとても大事です。 働きやすさを求めて転職をする看護師は多いですね。 福利厚生とは、報酬以外の豊らさをもたらすものとされています。 よって、福利厚生が充実している職場は、働きやすい職場=転職先として人気があります。 では、看護師の福利厚生にはどの様な内容のものが含まれているのでしょうか。 まず第一に法で定められた法定福利と呼ばれる社会保険や雇用保険などへの加入があります。 看護師は職業柄、賠償事故の当事者になりうる可能性があります。 その為、看護職賠償責任保険や普通損害保険といった種類の保険への加入が福利厚生に含まれています。 夜勤手当や残業が多い看護師には時間外手当てが支給されますが、こうした手当ても福利厚生の一部です。

福利厚生には法に定められたもの以外に法定外福利と呼ばれるものがあります。 これは住居の補助や働きやすい職場作りのサポートを目的に定められています。 看護師の福利厚生で多いのは、看護師寮や仮眠室、院内託児所です。 この様な福利厚生は、勤務先の規模や雇用形態によって変わってきます。 国立病院の看護師や公務員看護師になると福利厚生は公務員と同じ待遇を受けることができますので、充実していると思われます。 民間の企業へ転職をする場合は、その企業の福利厚生を受けることができますので、大手企業などでは福利厚生が充実していますね。

看護師の転職では

・常勤からパート勤務などに雇用形態を変えて働く人が増えています。

決められた時間だけの労働ですから、家事や育児を両立する人には好都合な働き方です。 パート勤務の福利厚生では、社会保険や雇用保険への加入ができないと考える人が多いですね。 しかし、それぞれの保険に設けられた加入条件をクリアすれば、加入が認められることを認識する必要があります。 転職先を選ぶ注意点としては、転職前に職場の福利厚生の内容を確認しておくことが大切です。 個人では調べることが困難な場合は、看護師求人サービスのスタッフに依頼をすると良いでしょう。 看護師に代わって聞き辛いことも雇用側へ確認をしてくれます。 福利厚生が充実している職場へ転職することで、働きやすさが実感できる毎日を過ごせたら良いですね。
★次におすすめの記事はこちら     非常勤看護師への転職 非常勤という働き方について

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。