看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

転職を成功させる方法~円満退職~

・転職を成功させ方法の秘訣は、何といっても今の職場を円満退職することです。

立つ鳥跡を濁さずといいますが、看護師の転職もまさにその状況です。 心機一転新しい職場でスタートをきる為にも前職場は円満退職といきたいものですね。 では、円満退職のポイントを御紹介しましょう。 転職のはじめの一歩、それは今の職場の上司へ退職の意思を伝えることです。 職場への退職の意思を示す時期は法律上では2週間前とされています。 しかし、看護師においては2週間前ではすでに次のシフト体制が組まれています。

その状態で「実は自分は辞めます」と伝えるのは、シフトの組み換えが必要となり、周囲へ迷惑を掛けてしまいます。 よって、退職の意思を伝えるベストタイミングは、退職をする2か月前です。 退職の意思を表明し、辞めるまでの2ヶ月間は働き辛いかもしれません。 しかし、病院側は新しい人材を確保しなければなりませんし、仕事の引継ぎもあります。 自分が去った後でも職場がスムーズに機能するよう、配慮が必要です。

次に退職理由です。

・退職理由は波風をたたないものにするのがベターです。

「こんなキツイ職場はイヤ」などと不満をあからさまにするのはタブーです。 一般的には「家庭の事情」を退職理由にするケースが好ましいです。 「家庭の事情」に加え「やむをえない事情」を退職理由とすると、たいていの場合、波風がたつことがありません。 結婚だけを退職理由にするのも不十分です。 パートなど働くスタイルを変え、就労を継続することを提案されたり、部署の異動や転職を勧められるケースもあるようです。 結婚だけを退職理由にするのではなく、結婚に伴う転居で通勤が困難になるといった内容を付け加えると良いですね。

すでに次の転職先が決まっている場合でも、それは伝える必要はありません。 希望の転職先が見つかり、ウキウキしている様子を見せることなど絶対にしてはいけないことです。 円満退職の最も大切なポイントは、職場の同僚への感謝の気持ちです。 嫌なこともあったと思いますが、自分を看護師として育ててもらった職場です。 ハードワークも一緒にこなしてきた仲間がいます。 これからもその職場で働く人達の為にも、現職場への不満はもらさず、感謝の気持ちを表すことが円満退職の秘訣です。
★次におすすめの記事はこちら     
  • 面接の心得 面接で気を付けるべきこと
  • 仕事内容や種類について

    常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
    保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
    夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。