看護師・准看護師のための求人・転職に関する情報サイト

派遣・パート・日払いなどについて

なぜ看護師は転職を考えるのか
多くの看護師がもっと条件の良い職場への転職を考えているのは何故でしょう。
看護師のやりがいについて
憧れの看護師になり多くの方々から笑顔と感謝をもらう仕事だからこそ……。
看護師の大変さについて
人の命を預かる大事な仕事のわりに給料が安いことも多い。意外に重労働!

看護師の転職先 大学病院

・看護師の資格を生かし、転職をする職場はたくさんあります。

そのひとつが大学病院です。 大学病院とは、医学部がある大学を併設した病院のことです。 大学病院への転職にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 早速、御紹介しましょう。

大学病院における看護師の仕事は、一般の病院の業務と変わりません。 外来病棟や入院病棟があり、そこで働く看護師は患者の病気やケガの治癒に努めます。 医師と患者のパイプ役を務めるところも大学病院も一般病院も同じです。 大きな違いは、看護師の数の違いです。 大学病院に勤務する看護師は大勢います。 よって、仕事の分担が明確にされていることが多く、アレもコレもと雑務が増える一般の病院とは異なりますね。 仕事の専門性を高め、自分の仕事に余裕をもって取り組むことができる点も大学病院への転職のメリットです。

大学病院へ転職をするメリットは他にもあります。

・最先端の医療に携わることができる点も転職先としてはかなり人気です。

大学病院では数々の研究を元に、医療界をリードしています。 大学病院で行われる治療は最先端の技術を用いたものになりますので、より高いレベルの仕事を求める看護師には適していますね。 最新式の医療機器で民間の病院では発見できなかった病気を見つけることができますので、治らないと諦めていた病気の治療を行うことができます。 高いレベルの臨床現場で働くことにより、患者の喜びを身近で実感をし、看護師としても大きなやりがいをもつことができますね。

大学病院へ転職をするメリットとして、待遇の良さがあります。 国立の大学病院など、国などが経営をする病院では看護師は公務員扱いとなります。 よって、受ける待遇も公務員に準じます。 福利厚生は充実していますし、安定した給与を得ることができます。 教育制度が整っている大学病院も多く、仕事をしながら研修を受けることも可能です。 認定看護師などのキャリアアップを目指す人には、大学病院への転職はかなりメリットが大きいと思われます。
★次におすすめの記事はこちら     保育園へ転職する 保育園も女性が好む転職先です!

仕事内容や種類について

常勤看護師はフルタイム。非常勤は決められた曜日や時間のみを働くことになります。
保健師の仕事は国家資格のもと、保健指導を行い、健康へのアドバイスなどをします。
夜勤専従とは、夜勤だけを行う仕事。現役で働く多くの看護師が夜勤は辛い仕事と言います。